睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診断と診察の流れ

一般的な受診・診察の流れ

当院での主な受診・診察の流れ

当院受診 基本的な検査(自宅検査) 入院検査 検査結果説明・治療表の確定 当院での治療(CPAPなど)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)をほって置くと命にかかわります。少しでも疑いのある場合には早めに受診すべきでしょう。ではどんな検査が行われるのかその流れを説明します。

問診でたずねられる症状

他の多くの病気と同じく最初に問診が行われます。問診では医師が患者さんの具体的な症状や過去の病歴などについて簡単な質問をします。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)患者さんの多くは自ら症状を自覚していないケースがほとんどなので、問診にはいつも寝室をともにして客観的に状況を説明できる家族の同伴が望ましいです。

1. いびきをかく・呼吸が止まる

患者さんは自覚症状がないことがほとんどですから、いびきをかく・呼吸停止については寝室を共にする家族からの指摘が欠かせません。

2. 肥満の傾向がある

肥満は患者さんの70%~80%にみられます。肥満によって上気道が狭くなるためです。しかし、やせている人でも顎が小さかったり扁桃腺が大きい人、また高齢者の人などはSASになりやすいのでやせているからといって安心はできません。

3. 昼間の居眠り

昼間でも眠気に襲われ、起きているのがつらくなってしまう症状は極度の睡眠不足が原因。ちゃんと寝たはずなのに熟睡感がなく、起床時の頭痛や体がいつもだるかったり、仕事への集中力がなくなってしまうのも睡眠時無呼吸症候群(SAS)によって眠りが浅くなってしまうためです。

SASでは高血圧を併発していることが多いので、問診では血圧測定も行われます。患者さんの体内では睡眠中に呼吸が止まると動脈の酸素濃度が下がります。そのため心臓が懸命に血液を押し出そうとしますが、逆に血管が収縮してしまうため高血圧が起きやすくなるのです。

スクリーニング

問診の次はスクリーニング(ふるいにかけること。選抜。選別。)です。この検査では高度な医療器械などを使用し、患者さんの状態をより詳しく調べます。 くわしくはこちらの症状チェックリストをご覧下さい。実際に症状をチェックすることができます。

ページの先頭へ